産経ニュース

【元横綱・日馬富士暴行】貴乃花親方の処分検討 優勝後の発言で白鵬に厳重注意

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【元横綱・日馬富士暴行】
貴乃花親方の処分検討 優勝後の発言で白鵬に厳重注意

理事会冒頭、八角理事長(手前)と向き合った貴乃花親方(右奥)は、鋭い視線で正面を見つめた=両国国技館 (大橋純人撮影) 理事会冒頭、八角理事長(手前)と向き合った貴乃花親方(右奥)は、鋭い視線で正面を見つめた=両国国技館 (大橋純人撮影)

 大相撲の元横綱日馬富士の暴行問題に揺れる日本相撲協会は30日、東京都墨田区の両国国技館で定例理事会を開き、危機管理委員会が中間報告した。12月20日に臨時理事会を開き、最終報告をまとめる方針。協会は必要な懲戒を行い、適切な再発防止策を策定するため協会員が結束して協力し合うことも決議した。

 危機管理委の中間報告によると、暴行問題が起こった10月25日深夜から26日未明の鳥取市内での酒席で、横綱白鵬関が貴ノ岩関を説教中にスマートフォンを触ったことに日馬富士が腹を立て平手で十数回、カラオケのリモコンでも数回殴打したと説明。シャンパンボトルを振り上げた際は手から滑り落ちたという。

 貴ノ岩関の聴取について危機管理委は、師匠で理事として出席した貴乃花親方(元横綱)に改めて協力を要請。鳥取県警に確認した結果「警察の捜査が終わった段階で協力します」と返答を受けたという。

 危機管理委による調査優先などを理由に、3日から始まる冬巡業に貴乃花巡業部長を帯同させず春日野広報部長(元関脇栃乃和歌)が代わりを務める。協会は貴乃花親方の処分も検討する。

 また、理事会に白鵬関と師匠の宮城野親方(元幕内竹葉山)を呼び出し、九州場所千秋楽の優勝インタビューの言動、11日目の嘉風戦で敗れた際に立ち合い不成立をアピールする異例の態度を示したことについて厳重注意した。白鵬関と宮城野親方は謝罪したという。

 白鵬関は優勝インタビューで「日馬富士関と貴ノ岩関の2人を再び土俵に上げてあげたい」と発言したほか、観客に呼びかけて万歳三唱を行った。

「スポーツ」のランキング