産経ニュース

【サッカーW杯】2日未明に組み合わせ抽選会 8強へ移動距離もカギ

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【サッカーW杯】
2日未明に組み合わせ抽選会 8強へ移動距離もカギ

サッカーのW杯ロシア大会組み合わせ抽選会を控え、公式マスコット「ザビワカ」と記念撮影する開催都市の関係者=30日、モスクワ(共同) サッカーのW杯ロシア大会組み合わせ抽選会を控え、公式マスコット「ザビワカ」と記念撮影する開催都市の関係者=30日、モスクワ(共同)

 4年に1度のサッカーの祭典、2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会の組み合わせ抽選会が1日午後6時(日本時間2日午前0時)からモスクワで行われる。6大会連続6度目の出場となる日本は、強豪との対戦、長距離移動が避けられるかが目標の8強以上へのカギになる。

 抽選会では出場32チームを開催国のロシアを除き国際サッカー連盟(FIFA)ランキング順で最上位の第1グループから4グループに分け、各グループから1チームずつの4チーム1組で8組に分ける。日本の第4グループは最後になる。

 第1グループに入ったロシアと同組なら1次リーグ突破の可能性は広がる。第2グループのスペインと同組は避けたい。30日にモスクワへ出発した日本代表のハリルホジッチ監督は「冷静に待ちたい。対戦国は難しい相手になると思っておいた方がいい」と話した。

 試合会場も重要だ。最東部のエカテリンブルクと最西部のカリーニングラードは約3000キロ離れている。前回のブラジルW杯はキャンプ地から試合会場までの長距離、長時間移動が敗因の1つとされた。移動の好条件も成績を左右しそうだ。

「スポーツ」のランキング