産経ニュース

日馬富士引退会見速報(4)一番の思い出は「初土俵の序ノ口優勝」

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新


日馬富士引退会見速報(4)一番の思い出は「初土俵の序ノ口優勝」

現役を引退し、会見する日馬富士=29日午後、福岡県太宰府市(沢野貴信撮影) 現役を引退し、会見する日馬富士=29日午後、福岡県太宰府市(沢野貴信撮影)

前のニュース

 --どの相撲が一番の思い出か

 「たくさんの思い出があります。この場を通じて、一緒に戦った力士の仲間たちに、本当に申し訳ないって伝えたいです。そして今、思い出に残っているたくさんの相撲の中では、初土俵で序ノ口で優勝したことが(一番)。初心を忘れちゃダメなので、その気持ちを忘れず頑張ってきました」

 --伊勢ケ浜親方に。日馬富士関の土俵人生はどんなものだったか

 伊勢ケ浜親方「とにかく稽古、稽古ですね。弱音を吐かずずっと頑張り続けて、今日までやってきた。その相撲を見てもらうことによって、みなさんに喜んでもらえたんじゃないか」

 --親方が流した涙をどう受け止めたか

 「今から10年前、父を亡くし、僕の『お父さん』であり、師匠であり、憧れでもある親方とおかみさんに恩返ししていきたい、おかみさんを喜ばせたい、親方に評価されたい、いい『息子』でいたい気持ちが強かった。最後に世間を騒がせて申し訳ない」

次のニュース

このニュースの写真

  • 日馬富士引退会見速報(4)一番の思い出は「初土俵の序ノ口優勝」
  • 日馬富士引退会見速報(4)一番の思い出は「初土俵の序ノ口優勝」
  • 日馬富士引退会見速報(4)一番の思い出は「初土俵の序ノ口優勝」
  • 日馬富士引退会見速報(4)一番の思い出は「初土俵の序ノ口優勝」

関連トピックス

「スポーツ」のランキング