産経ニュース

【ドーピング問題】ロシアの平昌五輪参加を要望 アイスホッケー連盟が異例の声明

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【ドーピング問題】
ロシアの平昌五輪参加を要望 アイスホッケー連盟が異例の声明

 国際アイスホッケー連盟(IIHF)は28日、世界反ドーピング機関(WADA)が国ぐるみの不正を認定したロシアの平昌冬季五輪参加を国際オリンピック委員会(IOC)に求める異例の声明を発表した。IOCは12月5日の理事会で可否を判断する。

 IIHFはロシア連盟などと連携して検査態勢を確立し、約400人のロシア選手の検査を実施したという。競技の発展にロシアは重要な役割を果たしていると強調し、理事会の総意として「(選手団全体を排除する)集団的な罰則に反対する」と訴えた。(共同)

関連トピックス

「スポーツ」のランキング