産経ニュース

【横綱・日馬富士暴行】「非常に厳しい処分が必要」が意見の大勢 横審が定例会合で議論

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【横綱・日馬富士暴行】
「非常に厳しい処分が必要」が意見の大勢 横審が定例会合で議論

横綱審議委員会終了後、会見する北村正任委員長(左)と春日野理事=27日、両国国技館(高橋朋彦撮影) 横綱審議委員会終了後、会見する北村正任委員長(左)と春日野理事=27日、両国国技館(高橋朋彦撮影)

 大相撲の横綱日馬富士関による暴行問題で揺れる日本相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会(横審)が27日、東京都墨田区の両国国技館で定例会合を開き、協会の危機管理委員会による調査内容の報告を受けた。途中経過のため判断は持ち越したが、会合では「非常に厳しい処分が必要」との意見が大勢を占めた。

 横審の北村正任委員長(毎日新聞社名誉顧問)は「ファンの期待を裏切るもの。具体的にどの処分という話にはなっていないが厳しい処分が必要だ」との見解を述べた。危機管理委の調査にめどが立ち次第、臨時会合を開き改めて対応を協議する。横審は、体面を汚すなどの行為に及んだ現役横綱に「激励」「注意」「引退勧告」ができる。

 危機管理委の調査では暴行を受けた平幕貴ノ岩関の聞き取りを師匠の貴乃花親方(元横綱)が拒否しており実現していない。今後、暴行現場に同席した横綱白鵬関らの聴取も実施予定。

 また、白鵬関が九州場所千秋楽の26日に「日馬富士関と貴ノ岩関を再びこの土俵に上げてあげたい」と語り万歳三唱を呼びかけたことに、北村委員長は「日馬富士問題で大変な中、なぜ万歳できるのか。横綱としておかしいのではという意見は多かった」と述べた。

このニュースの写真

  • 「非常に厳しい処分が必要」が意見の大勢 横審が定例会合で議論

関連ニュース

「スポーツ」のランキング