産経ニュース

【サッカー日本代表】ベルギー戦、対テロ当局の判断待たずに開始 主催者が“見切り発車”と地元紙

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【サッカー日本代表】
ベルギー戦、対テロ当局の判断待たずに開始 主催者が“見切り発車”と地元紙

14日、ベルギー・ブリュージュで行われた、サッカー日本代表とベルギー代表の国際親善試合(共同) 14日、ベルギー・ブリュージュで行われた、サッカー日本代表とベルギー代表の国際親善試合(共同)

 ベルギーのブリュージュでサッカー日本代表とベルギー代表の国際親善試合を狙うテロ情報があった問題を巡り、地元紙ルソワール電子版は15日、対テロ当局から攻撃実行の可能性は低いとの分析結果が伝えられる前に、主催者は試合開始を決めたと報じた。見切り発車的な運営は議論を呼びそうだ。

 ベルギー警察が電話盗聴でテロ計画の情報をつかみ、ブリュージュの警察に伝えたのは試合開始3時間余り前の14日午後5時半ごろで「信頼できる」情報だったという。

 しかし対テロ当局の「危険度は低い」との分析結果はキックオフまでに主催者に届かなかった。

 主催者はブルージュ市長と対応を協議。地元警察幹部によると、テロの可能性は一般向けに警告しないが、警備を強化し開催を決めた。(共同)

「スポーツ」のランキング