産経ニュース

【横綱・日馬富士暴行】不祥事繰り返される角界 23年には酔った力士が店のガラス割る騒動も

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【横綱・日馬富士暴行】
不祥事繰り返される角界 23年には酔った力士が店のガラス割る騒動も

宿舎を出て貴乃花部屋へ謝罪に向かう日馬富士関=14日午前、福岡県太宰府市 宿舎を出て貴乃花部屋へ謝罪に向かう日馬富士関=14日午前、福岡県太宰府市

 22年には横綱朝青龍が一般人に暴力を振るった騒動の責任をとって引退。その後も同年の野球賭博、23年の八百長問題と続き、同年の春場所が中止に追い込まれている。

 地に落ちた相撲人気を立て直したのは、優勝回数を更新し続ける横綱白鵬関ら「モンゴル勢の力」との声もある。知名度の高さを生かし、「宣伝部長」として営業努力を続けてきた貴乃花親方(元横綱)の功績も大きい。それだけに、力士会会長でもある日馬富士関の愚挙は、角界にとって大きなダメージだ。

 関取たちは総じて「大らかで切り替えが早い」という気風がある。日本相撲協会が綱紀粛正を図っても、再発防止が徹底されない遠因がそこにある。

このニュースの写真

  • 不祥事繰り返される角界 23年には酔った力士が店のガラス割る騒動も

「スポーツ」のランキング