産経ニュース

【高校野球】明徳義塾が36年ぶり2度目の優勝 来春センバツの四国選考枠は4に拡大 明治神宮野球大会

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【高校野球】
明徳義塾が36年ぶり2度目の優勝 来春センバツの四国選考枠は4に拡大 明治神宮野球大会

創成館に勝利し、マウンドに集まる明徳義塾高ナイン =神宮球場・東京都新宿区(撮影・加藤圭祐) 創成館に勝利し、マウンドに集まる明徳義塾高ナイン =神宮球場・東京都新宿区(撮影・加藤圭祐)

 第48回明治神宮野球大会は14日、神宮球場で高校の部の決勝が行われ、明徳義塾(四国)が創成館(九州)を4-0で破って1981年の第12大会以来、36年ぶり2度目の優勝を飾った。四国地区は来春の選抜大会の「神宮大会枠」を得て、選考枠は3校から4校へと拡大される。

 明徳義塾は一回に安田の適時打で先制。三回は中隈のスクイズで2点目を追加し、七回は藤森の2点適時打でダメを押した。先発の市川は創成館打線を4安打完封した。

このニュースの写真

  • 明徳義塾が36年ぶり2度目の優勝 来春センバツの四国選考枠は4に拡大 明治神宮野球大会

「スポーツ」のランキング