産経ニュース

【サッカー日本代表】ブリュージュで初練習、途中で打ち切り ベルギー戦の地 ピッチ変更、突然の雹…災難続き

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【サッカー日本代表】
ブリュージュで初練習、途中で打ち切り ベルギー戦の地 ピッチ変更、突然の雹…災難続き

雹が振るなか練習に臨む乾貴士(中央)ら日本代表選手=12日、ベルギーのクノック・ヘイスト(中井誠撮影) 雹が振るなか練習に臨む乾貴士(中央)ら日本代表選手=12日、ベルギーのクノック・ヘイスト(中井誠撮影)

 【ブリュージュ(ベルギー)=小川寛太】サッカー日本代表は12日、国際親善試合のベルギー戦(14日)が行われるベルギーのブリュージュで初練習を行った。チームを2つに分けて紅白戦を行ったが、悪天候でピッチを交換したり、突然の雹に見舞われたりとアクシデントの連続。敵地の環境に翻弄された。

 練習は度重なるアクシデントに悩まされた。ウオーミングアップ後に始まった紅白戦。照明灯のないピッチは、曇天も相まって途中で真っ暗。照明設備付きのピッチに移動せざるを得なくった。

 場所を移しても災難は続いた。時折強い風と雨が吹き付けていたが、終盤には直径5ミリほどの雹が一気に降ってきた。選手は「痛い、痛い」と併設された建物になだれ込み、難を逃れたが、練習は打ち切りとなった。

 前日には、フランスのリールから移動に使ったバスがぬかるみにはまって動けなくなるトラブルにあっていた。長友(インテル・ミラノ)は「(守備の確認を)もっとやりたかった。環境のせいでいらついていたら精神面を崩すので、冷静にやりたい」と自らに言い聞かせるように話した。

このニュースの写真

  • ブリュージュで初練習、途中で打ち切り ベルギー戦の地 ピッチ変更、突然の雹…災難続き
  • ブリュージュで初練習、途中で打ち切り ベルギー戦の地 ピッチ変更、突然の雹…災難続き
  • ブリュージュで初練習、途中で打ち切り ベルギー戦の地 ピッチ変更、突然の雹…災難続き
  • ブリュージュで初練習、途中で打ち切り ベルギー戦の地 ピッチ変更、突然の雹…災難続き
  • ブリュージュで初練習、途中で打ち切り ベルギー戦の地 ピッチ変更、突然の雹…災難続き

「スポーツ」のランキング