産経ニュース

【ボクシング】山中慎介選手との再戦指示 ドーピング検査で陽性反応のネリ選手に WBC

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【ボクシング】
山中慎介選手との再戦指示 ドーピング検査で陽性反応のネリ選手に WBC

山中慎介選手(左)とルイス・ネリ選手 山中慎介選手(左)とルイス・ネリ選手

 8月の世界ボクシング評議会(WBC)バンタム級タイトルマッチで山中慎介選手(帝拳)にTKO勝ちして新王者となったルイス・ネリ選手(メキシコ)がドーピング検査で陽性反応を示した問題で、WBCはネリ選手に意図的摂取の証拠がないとして、即時再戦を交渉するよう命じる裁定を下したと、10月31日付で発表した。

 35歳の山中選手は1日、東京都内のジムで取材に応じ「このままじゃ終われないという気持ちが強くなった。借りを返したい」と現役続行を明言し、再戦を熱望した。ネリ選手は7月にメキシコで採取された検体が、筋肉増強作用のある禁止薬物ジルパテロールに陽性反応を示したが、日本で採取した検体は陰性だった。

 日本ボクシングコミッション(JBC)の安河内剛事務局長は今回の裁定に「証拠がないにしても(陽性反応が出たことを)重く受け止め再戦を指示したのだと思う」と話した。(共同)

このニュースの写真

  • 山中慎介選手との再戦指示 ドーピング検査で陽性反応のネリ選手に WBC

「スポーツ」のランキング