産経ニュース

【ドラフト会議】白鴎足利・北浦竜次「早くプロで通用する選手に」

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【ドラフト会議】
白鴎足利・北浦竜次「早くプロで通用する選手に」

「全力投球」と書いた色紙を手に笑みを見せる白鴎足利高の北浦竜次投手=26日、栃木県足利市伊勢南町の白鴎足利高 「全力投球」と書いた色紙を手に笑みを見せる白鴎足利高の北浦竜次投手=26日、栃木県足利市伊勢南町の白鴎足利高

 日本ハムから5位指名を受けた白鴎大足利高の北浦竜次投手は同校(栃木県足利市伊勢南町)での記者会見で「日本ハムは大谷(翔平)投手らが在籍し、指名を受けて、とてもうれしい」と満面に笑みを浮かべた。

 午後5時にスタートしたドラフト会議が5位指名に入ったのは約2時間後。「指名されるかどうか不安もよぎった」という。朗報に接した後、藤田慎二監督とともに会見場に姿を見せた。

 184センチ、85キロの大型左腕で、最速147キロの直球、切れのいいスライダーを巧みに投げ分ける。夏の栃木大会では準々決勝で文星芸大付高に敗れ、涙をのんだが、複数のプロ球団の注目を集めていた。

 白鴎大足利高から大学、社会人を経ずに直接プロ入りするのは創部55年目で初。「持ち味の直球を磨き、大谷投手のように早くプロで通用する選手になりたい」と夢を膨らませた。

「スポーツ」のランキング