産経ニュース

【ドラフト会議】中日2位指名の青藍泰斗・石川翔「中日のエースに」“プロ向き”負けん気も前面に

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【ドラフト会議】
中日2位指名の青藍泰斗・石川翔「中日のエースに」“プロ向き”負けん気も前面に

同級生らに肩車される石川翔=26日、栃木県佐野市葛生東の青藍泰斗高(斎藤有美撮影) 同級生らに肩車される石川翔=26日、栃木県佐野市葛生東の青藍泰斗高(斎藤有美撮影)

 中日2位指名を受けた青藍泰斗高・石川翔投手は、栃木県佐野市葛生東の同校で記者会見に臨むなど取材に応じ、「2位で名前を呼ばれてほっとした。中日のエースになれるように頑張りたい」と意気込みを示した。

 また、7球団が1位指名で競合し、日本ハムが交渉権を得た高校通算111本塁打の早実・清宮幸太郎との対戦については「(7球団から1位指名を受けているのを)悔しいと思いながら見ていた。さらに負けたくないと思った」ときっぱり。「(自分自身も)1位指名もあると期待もしていた」とライバル心ものぞかせた。

 宇賀神修監督は「(2位指名は)満足。ほっとしている。彼の良いところは負けん気。プロでも通用する」と教え子の門出を祝い、会見に同席した両親も安堵(あんど)の表情を見せた。石川は会見後、チームメートらに胴上げと肩車で祝福され、笑顔が弾けた。

 石川は夏の栃木大会準決勝で作新学院に敗れたが、準々決勝で球速151キロを記録。甲子園出場はかなわなかったが、柔らかい投球フォームからスピンの利いたボールを投げ、手足の長さ、肩の柔軟性など投手向きの体形で、縦のスライダーもプロで通用すると評価が高い。U-18(18歳以下)ワールドカップ(カナダ)の高校日本代表に漏れた悔しさもバネに練習を積んできたという。

このニュースの写真

  • 中日2位指名の青藍泰斗・石川翔「中日のエースに」“プロ向き”負けん気も前面に
  • 中日2位指名の青藍泰斗・石川翔「中日のエースに」“プロ向き”負けん気も前面に
  • 中日2位指名の青藍泰斗・石川翔「中日のエースに」“プロ向き”負けん気も前面に
  • 中日2位指名の青藍泰斗・石川翔「中日のエースに」“プロ向き”負けん気も前面に
  • 中日2位指名の青藍泰斗・石川翔「中日のエースに」“プロ向き”負けん気も前面に

「スポーツ」のランキング