産経ニュース

【ドラフト会議】横浜高・増田はソフトバンク3位「2000安打目指す」

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【ドラフト会議】
横浜高・増田はソフトバンク3位「2000安打目指す」

チームメートと喜びを爆発させる増田珠選手(中央上)=26日、横浜市(河野光汰撮影) チームメートと喜びを爆発させる増田珠選手(中央上)=26日、横浜市(河野光汰撮影)

 福岡ソフトバンクホークス(パ・リーグ)から3位指名を受けた横浜高校(横浜市)の増田珠選手。同校からの指名は昨年、楽天から1位指名を受けた藤平尚真投手に続いて2年連続となった。同校に集まった報道陣を前に記者会見し、「息の長い選手になりたい」と抱負を述べた。

 長崎県出身。中学時代から打棒で全国にその名をとどろかせ、メキシコで行われたU-15ワールドカップ(W杯)では4番を務めるなど鳴り物入りで同校に入学。1年時から主軸として活躍し、今夏の県大会では4戦連続で計5本塁打するなど高い打撃センスに加え、走攻守そろったプレースタイルと、常に笑顔のムードメーカーとしてチームを牽引した。

 一方で多くの悔しさを学んだ高校野球生活でもあった。2年夏の甲子園では2回戦敗退。3年夏は初戦で負け、その後出場した9月のU-18W杯ではチームも3位に終わり、自身も打率が1割台に落ち込むなど屈辱を味わった。

 それでも、実力が高く評価され、今季のリーグ覇者からの3位指名。球団についての印象を問われると、「すごく強いチーム。ファンの方々も温かい」と語り、対戦したい投手を尋ねられると、「先輩の藤平投手です」と即答。チームに在籍する同校の大先輩、松坂大輔投手については「プロでの打撃の姿勢を聞きたい」と話した。

 「2000安打を目指す」と、決意を表明した増田選手。郷里・九州で、まずは1軍の頂を目指す。

「スポーツ」のランキング