産経ニュース

【ドラフト会議】「守備と走塁しっかり」 巨人8位指名の健大高崎・湯浅大が抱負 上武大の2人は阪神が指名

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【ドラフト会議】
「守備と走塁しっかり」 巨人8位指名の健大高崎・湯浅大が抱負 上武大の2人は阪神が指名

健大高崎の中庭で仲間と喜びを分かち合う湯浅大選手=26日、群馬県高崎市(住谷早紀撮影) 健大高崎の中庭で仲間と喜びを分かち合う湯浅大選手=26日、群馬県高崎市(住谷早紀撮影)

 26日に行われたプロ野球新人選手選択会議(ドラフト会議)で群馬県内から高崎健康福祉大高崎(健大高崎)の湯浅大選手が巨人に8位指名されたほか上武大の島田海吏選手が阪神4位、SUBARU(旧富士重工)の西村凌捕手はオリックスの5位指名を受けた。育成枠でも上武大の石井将希投手が阪神に、常磐の山上信吾投手が巨人指名を受けるなど、計5人がプロへの道を切り開いた。

 同日午後7時半、湯浅選手は同県高崎市の健大高崎高校で会見し「選ばれて本当にうれしい」。「プロでも持ち味の守備と走塁をしっかり出したい。プロで野球ができることに感謝し全力でやっていく」と語った。

 校内に残り会議の行方を見守っていた生徒たちは指名が決まると歓声をあげ中庭で胴上げし、喜びを爆発させた。関東大会から急ぎ戻った野球部の青柳博文監督は「守備と走塁が素晴らしい。地味な選手になるかもしれないが、しっかり守って走って玄人受けする選手になってほしい」。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「守備と走塁しっかり」 巨人8位指名の健大高崎・湯浅大が抱負 上武大の2人は阪神が指名
  • 「守備と走塁しっかり」 巨人8位指名の健大高崎・湯浅大が抱負 上武大の2人は阪神が指名
  • 「守備と走塁しっかり」 巨人8位指名の健大高崎・湯浅大が抱負 上武大の2人は阪神が指名
  • 「守備と走塁しっかり」 巨人8位指名の健大高崎・湯浅大が抱負 上武大の2人は阪神が指名

「スポーツ」のランキング