産経ニュース

【ドラフト会議】清宮、「人生変えた」3年間 和製ベーブ・ルース次のステージへ

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【ドラフト会議】
清宮、「人生変えた」3年間 和製ベーブ・ルース次のステージへ

7球団から1位指名された早稲田実業高の清宮は後輩たちから肩車され、ガッツポーズ。日本ハム入団を心待ちにした =26日午後、東京都国分寺市の早稲田実業高(大橋純人撮影) 7球団から1位指名された早稲田実業高の清宮は後輩たちから肩車され、ガッツポーズ。日本ハム入団を心待ちにした =26日午後、東京都国分寺市の早稲田実業高(大橋純人撮影)

 ときに笑みを浮かべ、ときに真剣な表情で質問に答える。清宮は51社、150人もの報道陣の前で「日本ハムではすばらしい選手が育っている。自分も同じように、それ以上に成長できる環境に入れる」と語った。望んでいた「自分を厳しく指導して成長させてくれる」球団の交渉権獲得に満足感をにじませた。

 「この3年間で自分の人生が変わった」と振り返った高校野球生活は空前であり、きっと絶後だろう。初めてスポーツ紙の1面を飾ったのは、約2年半前の平成27年4月10日のこと。早実高入学からわずか3日後の9日に行われた春季東京大会3回戦の駒大高戦に「3番、一塁」で先発出場し、いきなり決勝打を放った公式戦デビューを報じる記事だった。

 ラグビーのスター選手だった克幸氏(50)=トップリーグのヤマハ発動機監督=を父に持ち、東京北砂リトルではエースとして世界一に輝いた。早くから注目を集め、国際大会で本塁打を連発して“和製ベーブ・ルース”の異名を取った。常に注目の中で打席に立ち続け、結果を残してきた。

 注目度が跳ね上がる高校野球でも特大のアーチを描き続けた。ファンの関心を集め続けた高校通算本塁打数は「80本ぐらいは打ちたい」という目標を軽く超え、最多とされてきた107本も抜き去って111本まで伸ばした。

続きを読む

このニュースの写真

  • 清宮、「人生変えた」3年間 和製ベーブ・ルース次のステージへ

「スポーツ」のランキング