産経ニュース

【清宮幸太郎ドラフト会見詳報】(1)「みんなに目指されるような選手に」

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【清宮幸太郎ドラフト会見詳報】
(1)「みんなに目指されるような選手に」

プロ野球ドラフト会議で日本ハムから1位指名を受け、記者会見する早実高の清宮幸太郎内野手=26日午後、東京都国分寺市 プロ野球ドラフト会議で日本ハムから1位指名を受け、記者会見する早実高の清宮幸太郎内野手=26日午後、東京都国分寺市

 プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)で、高校生では1995年の福留孝介(PL学園高、現阪神)に並ぶ7球団競合の末に日本ハムが交渉権を獲得した早実高3年の注目スラッガー、清宮幸太郎内野手(18)が26日、東京都内で記者会見した。硬式野球部の和泉実監督と登壇した清宮選手は、「やっとスタートラインに立てた気持ち。まだまだ、自分は何も成し遂げていないので、自らを鍛錬して、みんなに目指されるような選手になろうと思っています」とプロ入り後の決意を述べた。会見の詳報は以下の通り。

 「まず、きょうという日を迎えられたことにたくさんお世話になった方に感謝したい。一番感謝しないと思っているのは18年間、ずっと育ててくれた両親に感謝の気持ちを伝えたいと思っている。きょう、このような形で、指名をいただき、やっとスタートラインに立てた気持ち。まだまだ、自分は何も成し遂げていないので、自らを鍛錬して、みんなに目指されるような選手になろうと思っています」

 --7球団の競合。どんな気持ちで待っていた

 「ドラフトの会場で自分の名前が表示されたり、読まれたり、今まではずっと見ている立場だったので、ふわふわした感じ。今までにない感情があった」

続きを読む

「スポーツ」のランキング