産経ニュース

【ドラフト会議】清宮幸太郎内野手「やっとスタートラインに立てた」記者会見で喜び語る

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【ドラフト会議】
清宮幸太郎内野手「やっとスタートラインに立てた」記者会見で喜び語る

プロ野球のドラフト会議で日本ハムから1位指名を受け、笑顔で記者会見する早実高の清宮幸太郎内野手=26日午後、東京都国分寺市 プロ野球のドラフト会議で日本ハムから1位指名を受け、笑顔で記者会見する早実高の清宮幸太郎内野手=26日午後、東京都国分寺市

 プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)が26日、東京都内のホテルで開かれ、日本ハムが交渉権を獲得した注目のスラッガー、清宮幸太郎内野手(18)=東京・早稲田実業高=は都内の同校で開いた会見で「やっとスタートラインに立てた」と喜びを語った。

 清宮は冒頭「今までたくさんお世話になった方々に感謝したいと思っています。いちばん感謝しなくてはいけないのは18年間ずっとお世話になってきたというか、育ててくれた両親」と謝意を述べた。

 現在の心境について「指名をいただきやっとスタートラインに立てたという気持ちでいる。自分は何も成し遂げていないので、これからしっかり鍛錬してみんなに目指されるような選手になろうと思う」と抱負を語り、7球団の競合になったことについて「なんかフワフワした感じ。今までにない感情があった」と心境を吐露した。

 日本ハムの印象については「いい選手がたくさんいるいいチームというイメージ。本当にうれしく思う」と笑顔を見せた。(WEB編集チーム)

このニュースの写真

  • 清宮幸太郎内野手「やっとスタートラインに立てた」記者会見で喜び語る

「スポーツ」のランキング