産経ニュース

【J・今節のツボ】最下位に沈む新潟 結果次第で03年以来のJ2降格決定も

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【J・今節のツボ】
最下位に沈む新潟 結果次第で03年以来のJ2降格決定も

最下位の新潟は2003年以来のJ2降格の危機にある。磯村(左)、河田らの奮起が求められる(DAZN提供、ゲッティ=共同) 最下位の新潟は2003年以来のJ2降格の危機にある。磯村(左)、河田らの奮起が求められる(DAZN提供、ゲッティ=共同)

 J1で最下位に沈む新潟が崖っぷちに立たされている。残り6試合となった今季、残留圏内の15位にいる広島との勝ち点差が15。今節となる10月14日に対戦するG大阪戦の結果次第で、J2降格が決まる可能性がある。

 シーズン終盤に入っても、新潟の調子は上がってこない。前節となった9月30日の神戸戦。相手と同じシュート数を放ちながら決定機を決め切れないでいると、後半8分にCKからオウンゴールで失点。後半43分にも追加点を奪われ、16戦勝ちなしとなった。呂比須監督は「選手は一生懸命やっている。監督の責任」と悔しさをにじませた。

 残り6試合は、崖っぷちで戦うことになる。今節のG大阪戦は、引き分け以下の場合、他会場の結果次第でJ2降格が決まる。

 新潟が引き分けて勝ち点1を手にした場合は、(1)14位の札幌が柏に引き分け以上、(2)15位の広島が鹿島に勝利、(3)15日に16位の甲府がFC東京に勝利-。以上3つのうち、2つが起きれば新潟の降格となる。新潟が負けた場合は、(1)17位の大宮が横浜Mに勝利、(2)15位の広島が鹿島に引き分け以上、(3)15日に16位の甲府がFC東京に引き分け以上-。以上3つのうち、1つが起きれば降格が決まる。新潟がJ2を戦うことになれば、2003年以来のこととなる。

 新潟は、15、16年と2年連続で15位と、ぎりぎりで残留を成し遂げてきた。特に昨季は、得失点差で辛くもJ1切符をつかみ、脅威の“残留力”を見せつけてきた。今季は今まで以上に厳しい状況ではあるが、少しでも可能性がある以上、チームは最後まで戦い続ける。(10月14日午後2時、大阪府・吹田スタジアム)

このニュースの写真

  • 最下位に沈む新潟 結果次第で03年以来のJ2降格決定も

「スポーツ」のランキング