産経ニュース

プロ野球・新外国人、泣き笑い 来季去就はいかに…

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新


プロ野球・新外国人、泣き笑い 来季去就はいかに…

主な新外国人選手の今季成績 主な新外国人選手の今季成績

 【パ・リーグ】

 ○モイネロ(ソフトバンク)、救援陣の一角

 ●ダフィー、パラデス(ロッテ)、打撃不振…期待裏切る

 2年ぶりのリーグ制覇を果たしたソフトバンク。12球団屈指の救援陣の一角で存在感を示したのがキューバ出身のモイネロだ。3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)ではキューバ代表にも選出された21歳は、今年5月に育成選手として入団。「キューバにはこういう投手がいるんだというところを見せたい」と力を込めた左腕は6月に支配下選手登録されると、34試合に登板して4勝3敗1セーブ、防御率2.52の成績を残した。シーズン途中からは守護神のサファテとともに“勝利の方程式”の一角を担った。

 米国の名門・ハーバード大出身のハーマン(楽天)も、シーズンを通じて中継ぎとして活躍。4年ぶりにAクラス入りを果たした西武では、シュリッターが中継ぎとして64試合に登板した。

 シーズン途中から加入したマレーロ(オリックス)はプロ野球通算10万号のメモリアルアーチを放つなど20本塁打、50打点でチームの得点力アップに貢献した。今季最下位に終わったロッテではダフィー、パラデスの両外国人野手がいずれも打撃が振るわず、期待を裏切る結果となった。

「スポーツ」のランキング