産経ニュース

【サッカー日本代表】日本、ハイチとドロー キリン・チャレンジカップ

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【サッカー日本代表】
日本、ハイチとドロー キリン・チャレンジカップ

試合終了間際、同点ゴールを決める香川(右から2人目)=日産スタジアム 試合終了間際、同点ゴールを決める香川(右から2人目)=日産スタジアム

 (10日、横浜・日産スタジアム)日本はハイチと3-3で引き分けた。前半に倉田(G大阪)の2試合連続ゴールと杉本(C大阪)の代表初得点で2点を先行。その後3失点したが、終了間際に香川(ドルトムント)が同点ゴールを奪った。

 日本の3失点は2014年10月の親善試合でブラジルに0-4で敗れて以来で、ハリルホジッチ監督の就任後は最多。

 来年のワールドカップ(W杯)に出場する日本は国際サッカー連盟(FIFA)ランキング40位で、W杯北中米カリブ海4次予選で敗退したハイチは同48位。今回が初対戦だった。日本は11月に欧州へ遠征して10日にブラジル、14日にベルギーとの親善試合に臨む。

 香川、意地の同点弾

 代表の10番を背負う意地だった。2-3の後半ロスタイム、酒井高のシュートにとっさに反応した香川が、右足でコースを変えて泥臭く同点ゴール。チームを敗戦の危機から救った。

 4試合ぶりに先発した6日のニュージーランド戦は、不満が残るプレーで途中交代。この日は後半14分からピッチに立って動き回った。

 「僕のポジションに与えられているものは大きいし、その責任は感じている」。強い思いを口にした。

「スポーツ」のランキング