産経ニュース

【オリンピズム】“トビウオ”とその時代(12)遠かった五輪メダル

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【オリンピズム】
“トビウオ”とその時代(12)遠かった五輪メダル

ヘルシンキ五輪開会式で、満員のスタジアムを入場行進する日本選手団。古橋は主将を務めた=1952年7月 ヘルシンキ五輪開会式で、満員のスタジアムを入場行進する日本選手団。古橋は主将を務めた=1952年7月

 「日本の皆さん、どうか古橋を責めないでやってください」

 その日、NHKラジオの実況は悲しく響いた…。生涯で世界記録を33度も塗り替えた英雄、敗戦にうちひしがれた戦後の日本に灯をともし、「フジヤマのトビウオ」と呼ばれた古橋広之進が敗れた。

 1952年7月30日、ヘルシンキ五輪競泳男子400メートル自由形決勝でのことだった。優勝したボアトウ(フランス)とは約20メートルもの差がついた。誰もが勝ってくれるに違いないと願った英雄は、8位でレースを終えた。4分42秒1。ボアトウに遅れること11秒4、自身の日本記録からも9秒あまりも遅いタイムで喫した敗戦だった。

 「内心勝てないことは分かっていた。でも出るからには全力を尽くさないといけない。レース後、『古橋は泣いていた』とも書かれたようだが、敗北は覚悟していたし、やるだけのことはやった。すっきりしていたんだよ」

 実際、ヘルシンキ五輪代表選考会を兼ねた6月の日本選手権は400メートル自由形一本に絞らざるを得なかった。それでも代表入りぎりぎりの3位がやっとの状態だった。

続きを読む

「スポーツ」のランキング