産経ニュース

【高校野球】清宮プロ志望表明 超高校級…ドラ1競合必至

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【高校野球】
清宮プロ志望表明 超高校級…ドラ1競合必至

6球団以上のドラフト1位競合 6球団以上のドラフト1位競合

 スカウトの清宮評は、「数年に1人の逸材」でほぼ一致している。複数球団の1位競合は確実。過去、6球団以上から1位指名された高校生は福留孝介、清原和博、菊池雄星の3人だけで競合数も注目される。各球団の駆け引きはドラフト会議当日まで続きそうだ。

 パワーとミート力を備えた清宮の打撃は高校生離れしている。上級生になると、左翼方向にも強い打球を飛ばせる成長をみせ、さらに隙がなくなった。異例の注目を集めながら結果を残してきた精神力の強さもプロ向きだ。抜群の知名度による観客動員力も、興行であるプロ野球にとっては大きな魅力となる。

 プロ入り後の懸念材料は、一塁以外の守備位置が想像できない点だ。強打の外国人やベテランが起用されることの多いポジションで、定位置確保には主力級の打撃成績が求められる。走塁、守備は平均点で器用な選手ではない。目玉を避け、他の有力選手を“一本釣り”するのもドラフトで用いられる常套(じょうとう)手段で、今年も各球団の台所事情に合わせた戦略が問われる舞台となる。

「スポーツ」のランキング