産経ニュース

【高校野球】早実・清宮「プレーで人を幸せにする」 すでに“大物の風格”ファンは早くも期待

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【高校野球】
早実・清宮「プレーで人を幸せにする」 すでに“大物の風格”ファンは早くも期待

早実高の清宮幸太郎選手(奥左から2人目)がプロ志望を表明した記者会見=22日午後、東京都国分寺市 早実高の清宮幸太郎選手(奥左から2人目)がプロ志望を表明した記者会見=22日午後、東京都国分寺市

 「プレーで見ている人を幸せにする、感動させる選手が理想の姿」。プロ野球を志望する意向を表明した東京・早稲田実業高の清宮幸太郎選手(18)は22日の記者会見で、前を見据えながら野球選手として目指す理想像を語った。その姿からは、すでに“大物の風格”さえ漂い、ファンからは早くも「さらに豪快なスラッガーになれる」と期待の声が上がった。

 会見場となった同校のホールには50社、130人の報道陣が詰めかけた。

 会見では、将来のメジャー挑戦やホームラン記録挑戦に関する質問が多く投げかけられたが、清宮選手は冷静に「目の前のことを一つ一つクリアしていく」と繰り返した。

 父は早稲田大ラグビー部で活躍し、監督としても大学日本一に導いた克幸氏。清宮選手が「早大でラグビーをやりたかったので早実に入った。もともとは大学に行くつもりだった」と明かすと、会場からどよめきが挙がる一幕も。関係者によると、両親は別室で息子の会見を見守ったという。

 清宮選手のプロ入り希望表明を受け、“進学予定”だった早大の学生や大学野球ファンは「残念」としながらも、惜しみなく応援の声を上げた。

続きを読む

「スポーツ」のランキング