産経ニュース

【プロ野球通信】「大谷争奪戦」早くもゴング 注目はナ・リーグのあの2球団

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【プロ野球通信】
「大谷争奪戦」早くもゴング 注目はナ・リーグのあの2球団

日本ハム・大谷(手前11番)にはメジャーのスカウト(奥右端から2人)が絶えずマークしている(吉澤良太撮影) 日本ハム・大谷(手前11番)にはメジャーのスカウト(奥右端から2人)が絶えずマークしている(吉澤良太撮影)

 前回登板の8月31日のソフトバンク戦にはヤンキースのキャッシュマン・ゼネラルマネジャー(GM)も来日。大谷獲得に向け、大リーグの各球団もすでに“臨戦態勢”に入っている。

 その大谷が、今季終了後にも大リーグに挑戦すると13日に一部メディアが報道すると、米メディアも即座に反応。大リーグ公式サイトは「日本のスター(大谷)はMLBに来る際は、投打で挑戦するだろう」と論評するなど、大谷の動向は米メディアでも注目されている。

■新労使協定の影響

 大谷をめぐっては早くも争奪戦のゴングが鳴ったともいえるが、その中で注目される2球団が、ドジャースとパドレスだ。

 ドジャースといえば、現在はダルビッシュ有と前田健太の日本人投手が在籍。過去にも野茂英雄を筆頭に、多くの日本人選手がプレーした名門チームだ。大谷に関しては花巻東高在籍時から獲得に本腰を入れており、早い段階から才能あふれる大谷に注目していた。資金力も潤沢なだけに、大谷が正式にポスティングシステムを申請した場合には獲得に名乗りを上げるものとみられる。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「大谷争奪戦」早くもゴング 注目はナ・リーグのあの2球団
  • 「大谷争奪戦」早くもゴング 注目はナ・リーグのあの2球団
  • 「大谷争奪戦」早くもゴング 注目はナ・リーグのあの2球団

関連トピックス

「スポーツ」のランキング