産経ニュース

大相撲99年ぶりの異常事態 3横綱2大関休場 照ノ富士が左膝負傷で6日目から休場、大関陥落濃厚  

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新


大相撲99年ぶりの異常事態 3横綱2大関休場 照ノ富士が左膝負傷で6日目から休場、大関陥落濃厚  

5日目の一番、松鳳山関に寄り切りで負けた照ノ富士=両国国技館 5日目の一番、松鳳山関に寄り切りで負けた照ノ富士=両国国技館

 大相撲の東大関照ノ富士関(25)=本名ガントルガ・ガンエルデネ、モンゴル出身、伊勢ケ浜部屋=が秋場所6日目の15日、左膝の負傷により休場した。白鵬関、稀勢の里関、鶴竜関の3横綱と大関高安関に続く休場で、3横綱2大関が休むのは1918(大正7)年夏場所以来99年ぶりの異常事態となった。

 照ノ富士関は今場所を5度目のかど番で迎え、5日目まで1勝4敗。再出場は難しい状況で、2015年名古屋場所から14場所在位した大関からの転落が濃厚となった。先場所も左膝を痛めて途中休場し、5日目に松鳳山関に敗れた一番で悪化させた。休場は2場所連続3度目。6日目の対戦相手、正代関は不戦勝。

 幕内合計8人の休場(6日目から出場の佐田の海関を含む)は、野球賭博問題で6人が謹慎した10年名古屋場所を除けば、05年名古屋場所以来となる。

「スポーツ」のランキング