産経ニュース

【泳ぎそして想う】競泳ヘッドコーチ・平井伯昌 大橋、飛躍生んだ「非凡なアンテナ」

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【泳ぎそして想う】
競泳ヘッドコーチ・平井伯昌 大橋、飛躍生んだ「非凡なアンテナ」

 3年後に東京五輪を控えた今年、私の教え子でもある大橋悠依(東洋大)が鮮烈な印象を残してくれた。4月の日本選手権で女子200、400メートル個人メドレーを制し、7月の世界選手権では200メートル個人メドレーで銀メダルを獲得した。個人メドレー2種目で日本記録保持者となり、飛躍のシーズンを送っている。

 大橋には感心させられる能力がある。日々のトレーニングから「一度アドバイスや注意を受けたら再び同じことは言われない」と心掛けている点だ。さらに非凡なのは、自分が直接言われたことだけではなく、他の選手への指導にも耳を傾けているところだ。当然のように思えるかもしれないが、なかなか実践できない。優れたアスリートの多くに備わった性質だ。

 アテネ、北京両五輪で平泳ぎ2冠に輝いた北島康介もそうだった。私は北島の現役時代、男子200メートル平泳ぎの前世界記録保持者である山口観弘(イトマン)も指導していた。山口にアドバイスしたつもりでいても、練習後には一緒にトレーニングをしていた北島も礼を言ってきた。自分以外への指導も取り入れようという貪欲な姿勢の表れだった。

 トップスイマーは幼少時から才能を見いだされ、コーチからマンツーマンの指導を受けられるケースが多い。練習環境に恵まれた結果、取り入れるのは自分に対する助言に限られ、他の選手への指導には鈍感になってしまう。大橋も北島も決してエリートではない。才能が開花する前は「大勢の中の一人」にすぎず、自分を高めるために他者への指導にもアンテナを張り巡らせる習慣が身に付いたのだろう。

続きを読む

「スポーツ」のランキング