産経ニュース

【桐生9秒98】桐生の発達した臀部 爆発的加速の源

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【桐生9秒98】
桐生の発達した臀部 爆発的加速の源

日本学生対校選手権の男子100メートル決勝で9秒98の日本新記録をマークし、雄たけびを上げる桐生祥秀=福井県営陸上競技場 日本学生対校選手権の男子100メートル決勝で9秒98の日本新記録をマークし、雄たけびを上げる桐生祥秀=福井県営陸上競技場

 桐生にはスプリンターとして他の選手と異なる特徴がいくつかある。

 一つは臀部(でんぶ)上部の筋肉がかなり盛り上がっている点。土江コーチは「あそこに桐生の一番のエンジンがある」と解説する。爆発的な加速の源になっている。もう一つは足首の硬さ。両足のかかとを地面に着けて腰を下ろすと後方にひっくり返ってしまいそうになるほどで、臀部や太ももで生み出したパワーを無駄なく地面に伝えている。

 そのため、接地の感覚も独特だ。「(足裏の)面で踏んで接地したいタイプ」。桐生のスパイク開発担当者であるスポーツメーカー「アシックス」の田崎公也氏は、こう解説する。

 従来、桐生は市販品をベースに改良を加えたスパイクを使用していた。アシックスは今季から、より本人の意向を反映したオリジナル品を開発。6本のピンを前部の外周に並べる配置に変更し、前部中央にあったピンをなくした。田崎氏は「面で接地するのに(中央のピンは)突き上がるイメージがあったのでは。昔ながらの配置に近い形になった」と語る。

 桐生のソールは前部に上向きに角度が付いている通常のスパイクよりも平らに近い。「素足のような感覚を大事にしている」という。桐生は“新兵器”に「新しいスパイクは気持ち良いし、踏み込める。中盤から後半にスピードに乗りやすい」と好感触を得て、10秒の壁を突破した。(宝田将志)

「スポーツ」のランキング