産経ニュース

【プロ野球通信】真中満監督の背番号31を受け継いだ男 低迷ヤクルト希望の星、山崎晃大朗 外野の定位置取りへ

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【プロ野球通信】
真中満監督の背番号31を受け継いだ男 低迷ヤクルト希望の星、山崎晃大朗 外野の定位置取りへ

8月26日のDeNA戦でプロ1号となる2ランを放ったヤクルト2年目の山崎 8月26日のDeNA戦でプロ1号となる2ランを放ったヤクルト2年目の山崎

 そんな山崎にとってショッキングな出来事は、レギュラーとして実績を積み重ねていた今年8月22日、真中監督がチームの成績不振の責任を取る形で、今季限りの退任を表明したことだった。「辞められることはびっくりしたが、自分たちがやらなければいけないことは変わらない。監督に残りの試合、一つでも多く勝ちを付けないと」と決意を固めた。

 その日の夜の阪神戦(神宮)では4-4と同点の九回、先頭打者としてレフト線への二塁打で出塁。併殺の間に三塁へ進むと、5番・リベロのセンター前ヒットでサヨナラのホームを踏んだ。「セーフティーバントでも四球でも」と、とにかく出塁を心がけた結果の二塁打だった。「(長打は)たまたま。いいところへ飛んでくれてよかった」と“特別な日”の勝利を喜んだ。

 待望の初本塁打が生まれたのは4日後、26日のDeNA戦(神宮)。1-1の五回1死一塁でDeNAの先発左腕・石田の内角直球を捉え、右翼ポール際に飛び込む勝ち越し2ランを運んだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 真中満監督の背番号31を受け継いだ男 低迷ヤクルト希望の星、山崎晃大朗 外野の定位置取りへ
  • 真中満監督の背番号31を受け継いだ男 低迷ヤクルト希望の星、山崎晃大朗 外野の定位置取りへ
  • 真中満監督の背番号31を受け継いだ男 低迷ヤクルト希望の星、山崎晃大朗 外野の定位置取りへ

「スポーツ」のランキング