産経ニュース

【柔道】阿部一二三「第一歩になれば」 男子軽量級が世界選手権へ出発

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【柔道】
阿部一二三「第一歩になれば」 男子軽量級が世界選手権へ出発

世界選手権へ向けた出発を前に、気合が入る(右から)阿部一二三、高藤直寿、永山竜樹=成田空港 世界選手権へ向けた出発を前に、気合が入る(右から)阿部一二三、高藤直寿、永山竜樹=成田空港

 柔道の世界選手権(28日開幕・ブダペスト)に出場する男子軽量級の3選手が24日、成田空港で出発前に取材に応じ、初出場となる66キロ級で20歳のホープ、阿部一二三(日体大)は「最終目標は東京五輪での金メダル。この世界選手権がその第一歩になれば」と自信あふれる表情で語った。

 60キロ級は、リオデジャネイロ五輪銅メダルで24歳の高藤直寿(パーク24)と21歳の永山竜樹(東海大)が世界一を目指す。2013年以来の優勝を目指す高藤は「自分が若手じゃなくなってくる中で、まだまだ僕が一番強いということを証明しないといけない」と気を引き締め、永山は「決勝で高藤先輩と当たり、最高の試合をして勝ちたい」と意気込んだ。

 男子はリオ五輪で復活を印象づけた。井上康生監督は「リオが終わってからの第一段階の戦いになる。2018、19、20年と常にレベルが上がっていけるように」と一層の成長を期した。

「スポーツ」のランキング