産経ニュース

日米開戦3年前 友好のユニホーム ハワイ遠征用、持ち主は戦死 早大野球部

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新


日米開戦3年前 友好のユニホーム ハワイ遠征用、持ち主は戦死 早大野球部

昭和13年のハワイ遠征で三好善次さんが着用したユニホーム(野球殿堂博物館提供) 昭和13年のハワイ遠征で三好善次さんが着用したユニホーム(野球殿堂博物館提供)

 三好さんのユニホームは戦後、遺族から入手した第三者が大切に保管し、野球殿堂博物館へ寄贈した。左袖には日米開戦のわずか3年前まで両国が野球を通じて交流していたことを伝える日の丸と星条旗をかたどったワッペンが縫い付けられている。「貴重な歴史の証人といえるでしょう」と博物館学芸員の関口貴広さん(41)。

 博物館は三好さんの親族を探している。情報は博物館(電)03・3811・3600(関口さん)まで。

このニュースの写真

  • 日米開戦3年前 友好のユニホーム ハワイ遠征用、持ち主は戦死 早大野球部

「スポーツ」のランキング