産経ニュース

【ボクシング】山中慎介、世界王座13連続防衛へ「KOできれば」 京都市内で調印式と会見

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【ボクシング】
山中慎介、世界王座13連続防衛へ「KOできれば」 京都市内で調印式と会見

WBC世界バンタム級タイトルマッチ ベルトを肩にファイティングポーズを取るチャンピオンの山中慎介(右)と挑戦者のルイス・ネリ=京都市・ホテル日航プリンセス京都(中島信生撮影) WBC世界バンタム級タイトルマッチ ベルトを肩にファイティングポーズを取るチャンピオンの山中慎介(右)と挑戦者のルイス・ネリ=京都市・ホテル日航プリンセス京都(中島信生撮影)

 世界ボクシング評議会(WBC)バンタム級タイトルマッチ(15日、島津アリーナ京都)の調印式と記者会見が13日、京都市内で行われ、日本最多記録に並ぶ世界王座13連続防衛を目指す王者の山中慎介(帝拳)は「KOできれば一番いい。一瞬で試合が終わるかもしれない」と、力強く意気込みを語った。

 山中は高校時代を過ごしたゆかりの地で、節目の防衛戦を迎える。「これも縁。たくさんの応援団に後押ししてもらってリングに上がれる」と、大一番を心待ちにしている様子だった。

 挑戦者で同級1位のルイス・ネリ(メキシコ)は母国以外で初の試合に臨む。「初めて国を出て闘うがスタイルはまったく同じ。1ラウンド目から強く出て、プレッシャーをかけたい。KOを狙う」と抱負を述べた。

「スポーツ」のランキング