産経ニュース

【書評倶楽部】芸人・プチ鹿島 いち早く自立した美しい女…『女子プロレスラー小畑千代 闘う女の戦後史』

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【書評倶楽部】
芸人・プチ鹿島 いち早く自立した美しい女…『女子プロレスラー小畑千代 闘う女の戦後史』

プチ鹿島さん プチ鹿島さん

 女子プロレスと聞いてあなたが思い浮かべるのはマッハ文朱かビューティ・ペアかクラッシュギャルズか。実はそれ以前に日本中を沸かせたのが本書の主人公である小畑千代なのである。

 デビューは昭和30年で「五五年体制」のスタートと一緒。その絶頂は昭和43年11月6日、満員の蔵前国技館で世界王座に挑戦した一戦。試合を中継した東京12チャンネル(現テレビ東京)は視聴率24・4%という開局以来最高の視聴率をたたき出した。小畑はついに成功したのだ。しかし著者が書きたいテーマは他にある。「闘う自立した美しい女」だ。

 小畑以前の女子プロレスは差別されていた。そもそもストリップでの「ガーター争奪戦」が女子プロレスのルーツといわれているように完全な見せ物だった。それをスポーツに変えたのが小畑千代なのだ。下品なヤジを飛ばした客には試合中でも応戦した。

 《男のプロレスがあんなに人気があるのに、なんで女のプロレスが軽蔑されるのか。(略)よし、女でも絶対に世間に認めさせてやる、というのが私の道だった》

 小畑の闘いとは、戦後の女性の闘いの象徴でもあったのだ。本書の一貫した読みどころである。

続きを読む

このニュースの写真

  • 芸人・プチ鹿島 いち早く自立した美しい女…『女子プロレスラー小畑千代 闘う女の戦後史』

「スポーツ」のランキング