産経ニュース

【スポーツ異聞】韓国の水泳界英雄が世界水泳で惨敗 30歳目前で「希望と限界を確かめた舞台」だったのか 

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【スポーツ異聞】
韓国の水泳界英雄が世界水泳で惨敗 30歳目前で「希望と限界を確かめた舞台」だったのか 

韓国水泳界の英雄、朴泰桓は世界水泳で惨敗。引退の岐路に立たされている(AP) 韓国水泳界の英雄、朴泰桓は世界水泳で惨敗。引退の岐路に立たされている(AP)

 韓国競泳界の第一人者で、2008年北京五輪男子400メートル自由形金メダリストの朴泰桓(パク・テファン、27)が7月30日に閉幕した世界水泳選手権で結果を残せず、東亜日報に「希望と限界を同時に確かめた舞台だった」と評論された。水泳選手として衰退期と言える30歳を目前に岐路に立たされた。これが現実だろう。朴といえば、ドーピング違反で18カ月の選手資格停止処分を受け、リオデジャネイロ五輪の代表資格をめぐって国論を二分する騒動に発展。土下座までして出場にこぎ着けたが、出場した種目すべてで予選落ち。引退を勧める声にも再起を誓って続行した現役生活だが、厚くなった世界の壁の前に、メダル争いに食い込むには余程の覚悟が必要だった。

 朴は北京五輪の男子400メートル自由形で金メダルを獲得すると、同200メートル自由形で銀、12年ロンドン五輪の400メートル、200メートルの自由形でともに銀メダルと、韓国初の2大会連続のメダリストとなり、“マリンボーイ”の愛称で親しまれた競泳界の英雄。韓国で絶大な人気を誇ってきた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 韓国の水泳界英雄が世界水泳で惨敗 30歳目前で「希望と限界を確かめた舞台」だったのか 
  • 韓国の水泳界英雄が世界水泳で惨敗 30歳目前で「希望と限界を確かめた舞台」だったのか 
  • 韓国の水泳界英雄が世界水泳で惨敗 30歳目前で「希望と限界を確かめた舞台」だったのか 

「スポーツ」のランキング