産経ニュース

【月刊パラスポーツ キーパーソンに聞く(2)】障害を新たな価値に変える ミライロの垣内俊哉社長

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【月刊パラスポーツ キーパーソンに聞く(2)】
障害を新たな価値に変える ミライロの垣内俊哉社長

ミライロの垣内俊哉社長(川口良介撮影) ミライロの垣内俊哉社長(川口良介撮影)

 国籍、年齢、性別の違いや障害の有無に関わらず、誰もが使いやすい製品や建物、サービスの設計を意味する「ユニバーサルデザイン」。2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催が決まって、日本社会にも本格的に広がり始めた。その普及に取り組んでいるのが、コンサルティング会社のミライロ(大阪市淀川区)だ。設立8年で注目を浴びるようになった垣内俊哉社長(28)に、いまこそ必要な視点を教わった。

 --起業した背景は

 「車いすでもできることは何かと考え、大学に入ってアルバイトでホームページ製作会社の営業を始めたところ、一番成績が良かった。理由は一つ、覚えてもらえるから。『また車いすでの営業が来た、もうそろそろ発注してやるか』と。当時、社長に『いつまで歩けないことをくよくよ言っているんだ。車いすに乗っていることはおまえにとって強みだ。障害があることに誇りを持て』と言われたんです。障害も見方を変えれば強みととらえられる。障害を価値としてとらえる『バリアバリュー』という考え方を広げようと思い、起業しました」

 --なぜユニバーサルデザインは重要なのか

 「バリアフリーという言葉が日本で言われ始めたのは1970年ごろですが、障害者のためという側面が強く、ひとごとと受け止める人が多かった。90年ごろにユニバーサルデザインという言葉が広がり始めました。高齢化が進み、20年のパラリンピックも控え、海外の人も多く日本に足を運ぶ。バリアフリーよりも広い視野で多様性を考えなければいけないのです」

続きを読む

「スポーツ」のランキング