産経ニュース

【スーパーラグビー】酷暑の最終戦、正午過ぎに開催…サンウルブズCEO「苦肉の策」

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【スーパーラグビー】
酷暑の最終戦、正午過ぎに開催…サンウルブズCEO「苦肉の策」

炎が吹き上がる中、ピッチに入る田村優。文字通りの炎天下となる=15日、秩父宮ラグビー場(山田俊介撮影) 炎が吹き上がる中、ピッチに入る田村優。文字通りの炎天下となる=15日、秩父宮ラグビー場(山田俊介撮影)

 サンウルブズの最終戦は午後0時5分開始。会場の秩父宮ラグビー場のある東京都港区の気温は31度を超え、酷暑の中での試合となった。

 サンウルブズを運営するジャパンエスアールの渡瀬裕司CEOによると、スーパーラグビーの他の試合との兼ね合いから、午後の早い時間帯か夜の開催を求められたが、秩父宮の照明が基準を満たさず、他会場も確保できなかったため、夜間試合を断念したという。

 渡瀬CEOは「苦肉の策。具合が悪くなった方もいると聞いており、考えないといけない」と来季は見直す考えを示した。

このニュースの写真

  • 酷暑の最終戦、正午過ぎに開催…サンウルブズCEO「苦肉の策」
  • 酷暑の最終戦、正午過ぎに開催…サンウルブズCEO「苦肉の策」
  • 酷暑の最終戦、正午過ぎに開催…サンウルブズCEO「苦肉の策」
  • 酷暑の最終戦、正午過ぎに開催…サンウルブズCEO「苦肉の策」
  • 酷暑の最終戦、正午過ぎに開催…サンウルブズCEO「苦肉の策」

「スポーツ」のランキング