産経ニュース

【スポーツ異聞】「飛ぶボール」が甦った? 今季一発病に悩むマー君が指摘 ダルビッシュも打撃練習で柵越え

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【スポーツ異聞】
「飛ぶボール」が甦った? 今季一発病に悩むマー君が指摘 ダルビッシュも打撃練習で柵越え

今季は本塁打を浴びてマウンド上で田中(左)が捕手のルミネと話をする機会が増えた(ロイター) 今季は本塁打を浴びてマウンド上で田中(左)が捕手のルミネと話をする機会が増えた(ロイター)

 「juiced ball」。飛ぶボールと訳される。古くて新しい問題が全米で騒動を巻き起こしている。

 論争を大きくしたのは、ヤンキースの田中将大(28)。米ニューヨーク・ポスト紙によると、「自分はおそらく最も多く本塁打を打たれている投手かな。言い訳に聞こえるかもしれないけど、今年はボールがちょっと飛ぶ印象がある」と話したという。

 田中は復調の兆しが見えているとはいえ、今季すでに23本の本塁打を浴びている。昨季が22本だったから、前半戦だけで上回ってしまった。ア・リーグでは2番目の被弾の多さだ。

 「ボール自体に違いは感じられない」とも付け加えたが、ロスチャイルド投手コーチは「(田中の問題の一部には関わっていると思うが、それはわずかだろう」と話す。

 ただ、メジャー全体でも本塁打数は増加傾向にある。MLBのデータによれば、昨季は1試合あたり2.31本だったが、今季はオールスター戦までの前半戦終了時点で総数が3343本で1試合あたり2.52本。10%近く増えている。ちなみに一昨年は2.02本に過ぎない。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「飛ぶボール」が甦った? 今季一発病に悩むマー君が指摘 ダルビッシュも打撃練習で柵越え
  • 「飛ぶボール」が甦った? 今季一発病に悩むマー君が指摘 ダルビッシュも打撃練習で柵越え
  • 「飛ぶボール」が甦った? 今季一発病に悩むマー君が指摘 ダルビッシュも打撃練習で柵越え
  • 「飛ぶボール」が甦った? 今季一発病に悩むマー君が指摘 ダルビッシュも打撃練習で柵越え
  • 「飛ぶボール」が甦った? 今季一発病に悩むマー君が指摘 ダルビッシュも打撃練習で柵越え

「スポーツ」のランキング