産経ニュース

日本ハム・大谷翔平、20日から1軍合流 リーグ戦再開23日に戦列復帰も

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新


日本ハム・大谷翔平、20日から1軍合流 リーグ戦再開23日に戦列復帰も

懸命に調整を重ねてきた大谷。1軍復帰が見えてきた 懸命に調整を重ねてきた大谷。1軍復帰が見えてきた

 左太もも裏の肉離れのため2軍で調整していた日本ハム・大谷翔平投手(22)が20日から1軍に合流することが19日、分かった。順調にいけば、リーグ戦が再開する23日の楽天戦(札幌ドーム)から戦列に復帰する見込みとなった。(サンケイスポーツ)

 4月8日のオリックス戦(京セラ)の走塁で負傷してから約2カ月半。大谷の長く、苦しいリハビリがようやく完了し、復帰にメドが立った。この日午後2時30分、札幌市内の合宿所に入った。

 当初はゲーム復帰まで4-6週間とみられていたが、再発防止のため、石橋をたたくように慎重にリハビリを進めてきた。5月27日からフリー打撃を、今月8日からはブルペンでの投球練習を再開。12日からは正規の18・44メートルの距離で変化球も交えて、41球を投げ、「ゲームで投げないと確認できないこともありますから。実戦に向けて、問題なく、メニューを消化できたのがよかった」と明るい表情を見せていた。

 20日に札幌ドームで行われる1軍の全体練習に参加。ベースランニングなどで最終確認できれば、2軍戦出場を経ず、一気に23日からの戦列復帰にゴーサインが出る。「投手」としては、投げ込みを重ねる必要があり、まずは指名打者や代打での出場となる予定だ。日本ハムは中心選手に故障者が相次ぎ、現在はパ・リーグ5位。離脱まで8試合に出て打率・407(27打数11安打)、2本塁打だった若きスターが救世主となる。

「スポーツ」のランキング