産経ニュース

【スポーツ異聞】国際武道大、富士大、上武大…大学野球はいま、地方が元気 東京は地盤沈下?

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【スポーツ異聞】
国際武道大、富士大、上武大…大学野球はいま、地方が元気 東京は地盤沈下?

千葉の国際武道大は6月の全日本大学選手権で初の決勝に進出した 千葉の国際武道大は6月の全日本大学選手権で初の決勝に進出した

 野球の第66回全日本大学選手権が6月10日、東京六大学野球春季リーグを制した立教大の1958年大会以来、59年ぶりの優勝で閉幕した。会場にはOBの長嶋茂雄氏(巨人終身名誉監督)も姿を見せ、笑顔で応援した。

 今大会は立教大が名門・東京六大学野球連盟の意地を見せたが、千葉県大学野球連盟の国際武道大(千葉県勝浦市)が初めて決勝に進出。4強には札幌学生野球連盟の東海大北海道キャンパス(札幌市)、関甲新学生野球連盟の上武大(群馬県伊勢崎市)が入るなど、地方リーグの比較的新しい大学が台頭。昨年の65回大会で優勝した中京学院大(岐阜県中津川市)、準優勝の中央学院大(千葉県我孫子市)に続く新興勢力の台頭を印象づけた。

 一方、ハイレベルのリーグで知られる首都大学野球連盟代表の帝京大、東都大学野球連盟代表の東洋大が初戦で敗れるなど、名門とされるリーグの地盤沈下、実力の拮抗も如実に明らかになった大会だった。

 「相手が地方の代表だからとは思っていません。力のある選手が多い。全力で戦いました」。初戦の2回戦を終えた立教大の溝口智成監督はこう打ち明けた。

 確かに、立教大の優勝への道のりは楽ではなかった。初戦の2回戦で北東北代表の富士大(岩手県花巻市)と対戦。序盤は投手戦で六回に2点のリードを許す苦戦を強いられ、七回辛くも逆転した。3回戦の天理大戦でも延長十回、タイブレークの末に辛くも勝ち、東海大北海道キャンパスとの準決勝でも、一回、ノーヒットながら敵失で挙げた1点を継投で守りきった。

続きを読む

このニュースの写真

  • 国際武道大、富士大、上武大…大学野球はいま、地方が元気 東京は地盤沈下?
  • 国際武道大、富士大、上武大…大学野球はいま、地方が元気 東京は地盤沈下?
  • 国際武道大、富士大、上武大…大学野球はいま、地方が元気 東京は地盤沈下?
  • 国際武道大、富士大、上武大…大学野球はいま、地方が元気 東京は地盤沈下?

「スポーツ」のランキング