産経ニュース

【日本スプリントの挑戦】“9秒94”を叩き出した多田修平とは何者だ! 日本国内で史上初の「9秒台」に驚愕

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【日本スプリントの挑戦】
“9秒94”を叩き出した多田修平とは何者だ! 日本国内で史上初の「9秒台」に驚愕

男子100メートル準決勝で9秒94の参考記録をマークした多田修平=ShonanBMWスタジアム平塚 男子100メートル準決勝で9秒94の参考記録をマークした多田修平=ShonanBMWスタジアム平塚

 相模湾から南風が吹いていた。

 6月10日、日本学生陸上個人選手権。会場のShonanBMWスタジアム平塚(神奈川県平塚市)はホームスタンドから見て右から左へ、夏の気配を含む風がトラックを撫でていた。空席の目立つスタンドに「熱中症にお気を付けください」というアナウンスが流れる。

 午後2時45分、風向きに合わせてバックストレート側で行われた男子100メートル準決勝1組。紺色のユニホームが中盤から前に抜け出た。ももが高く上がるフォーム。他の選手を置き去りにしてフィニッシュラインを駆け抜けると、次の瞬間、速報計時の表示が止まった。

 「9.94」

 大会本部前の日本学連関係者から一斉に「えっ」と声が漏れた。

 もう一度、表示を確かめた者から次々と声が上がる。

 「えー!?」

 追い風4.5メートル、9秒94。

 驚愕のタイムを叩き出したのは多田修平。関西学院大3回生の20歳だ。

 追い風参考記録では、これまで桐生祥秀が2015年3月に9秒87(追い風3.3メートル)を、ケンブリッジが今年4月に9秒98(同5.1メートル)をマークしていたが、いずれも米国の競技会。日本国内の電子計時で記録されたのは史上初めてだった。

 18年前の1999年に、手動計時ながら同じ競技場で9秒9をマークした伊東浩司は日本学連の理事として、本部前のパイプ椅子に腰掛け、レースを見届けていた。

続きを読む

このニュースの写真

  • “9秒94”を叩き出した多田修平とは何者だ! 日本国内で史上初の「9秒台」に驚愕
  • “9秒94”を叩き出した多田修平とは何者だ! 日本国内で史上初の「9秒台」に驚愕
  • “9秒94”を叩き出した多田修平とは何者だ! 日本国内で史上初の「9秒台」に驚愕
  • “9秒94”を叩き出した多田修平とは何者だ! 日本国内で史上初の「9秒台」に驚愕

「スポーツ」のランキング