産経ニュース

【サッカーACL】韓国勢と乱闘騒ぎ 「プロレスかと思った」「浦和の選手が刺激するセレモニー」 浦和が意見書

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【サッカーACL】
韓国勢と乱闘騒ぎ 「プロレスかと思った」「浦和の選手が刺激するセレモニー」 浦和が意見書

5月31日、済州ユナイテッド戦の試合終了後、小競り合いとなり済州の選手に追われる浦和・槙野智章(手前)=埼玉スタジアム(撮影・山田俊介) 5月31日、済州ユナイテッド戦の試合終了後、小競り合いとなり済州の選手に追われる浦和・槙野智章(手前)=埼玉スタジアム(撮影・山田俊介)

 せっかくの逆転勝利も後味が悪いものになってしまった。J1浦和は5月31日に行われたアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメント1回戦第2戦・済州戦で起きた乱闘騒ぎを受けて2日、アジア・サッカー連盟(AFC)に意見書を提出した。ピッチ上で繰り広げられた肘打ちや浦和の選手を追いかけるといった済州側の行為があったという。昨季も乱闘寸前になるなど、浦和にとって韓国勢との対戦はなんともすっきりしない終わり方になるようだ。

「プロレスかと思った」

 最初の衝突は延長後半ロスタイムに起きた。3-0とリードした浦和が右コーナーキックを得ると、直前に決勝点を奪った森脇が時間を稼ごうとボールをキープ。ホイッスルがなるが、FWズラタンと済州MF権純亨がぶつかるなど小競り合いに発展した。

 両チームを引き離そうと主将としてMF阿部が間に入ったが、済州ベンチからピッチを横切り遠いサイドまで走ってきた済州DF白棟圭が阿部に肘打ちをした。

 主審は白にレッドカード、済州のもう1選手と浦和のズラタン、FW武藤にもイエローカードを提示した。

 試合終了後、メーンスタンド中央付近で小競り合いが始まり、乱闘は第2ラウンドへ。済州の選手やスタッフに詰め寄られた槙野は殊勲の森脇や西川が喜ぶ輪に加わるため移動するが、結局、控室へ“避難”する事態に。槙野は「プロレスか空手でもやりにきたのかな」とため息を漏した。

続きを読む

「スポーツ」のランキング