産経ニュース

【ボクシング】勝利確信の会場騒然…村田「気持ちの整理つける時間必要」、ファンには「申し訳ない」 

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【ボクシング】
勝利確信の会場騒然…村田「気持ちの整理つける時間必要」、ファンには「申し訳ない」 

試合後の会見で渋い表情の村田諒太=20日、有明コロシアム(撮影・今野顕) 試合後の会見で渋い表情の村田諒太=20日、有明コロシアム(撮影・今野顕)

 リングアナウンサーが勝者を告げると、村田勝利を確信していた観衆がどよめき、不満の声が飛び交った。騒然とした場内で、村田がファンに頭を下げる。日本初の五輪メダリストによる世界王者の夢に届かなかった。

 4回には鮮やかな右ストレートでダウンも奪った。アマ時代からの自分のスタイルであるガードを固めて前進し、強烈なパンチを打ち込んだ。だが、足がふらつくエンダムを仕留めきれないまま時間が過ぎた。1-2と割れた判定でプロ初黒星を喫した。

 村田は無念さをにじませつつも潔かった。「結果は結果。(与えた)ダメージブローより、相手のジャブ(手数)を取ったということだと思う。そこは納得せざるを得ない」。ただ、世界戦を成立させてくれた関係者やファンに話が及ぶと「ただただ、申し訳ない」と言葉を詰まらせた。

 ボクシングに出合った中学時代、プロの世界戦をフルに戦うことなんて想像できなかった。「楽しかった」と振り返った村田。だが、世界の選手層が厚いミドル級で22年ぶりの王者誕生は成らなかった。

 「自分なりに努力してきて、その集大成がきょうだった。勝てなくて、もう一回やりますと簡単には言えない。気持ちの整理をつける時間が必要」。慎重な口ぶりを崩さなかった。(森本利優)

次のニュース

村田諒太 世界戴冠ならずのニュース

このニュースの写真

  • 【ボクシング】勝利確信の会場騒然…村田「気持ちの整理つける時間必要」、ファンには「申し訳ない」 
  • 【ボクシング】勝利確信の会場騒然…村田「気持ちの整理つける時間必要」、ファンには「申し訳ない」 
  • 【ボクシング】勝利確信の会場騒然…村田「気持ちの整理つける時間必要」、ファンには「申し訳ない」 
  • 【ボクシング】勝利確信の会場騒然…村田「気持ちの整理つける時間必要」、ファンには「申し訳ない」 
  • 【ボクシング】勝利確信の会場騒然…村田「気持ちの整理つける時間必要」、ファンには「申し訳ない」 
  • 【ボクシング】勝利確信の会場騒然…村田「気持ちの整理つける時間必要」、ファンには「申し訳ない」 

「スポーツ」のランキング