産経ニュース

【ボクシング】4世界戦、比嘉・拳四朗・田中は勝利

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【ボクシング】
4世界戦、比嘉・拳四朗・田中は勝利

比嘉大吾(右)と抱き合う具志堅用高会長=20日、有明コロシアム(撮影・荒木孝雄) 比嘉大吾(右)と抱き合う具志堅用高会長=20日、有明コロシアム(撮影・荒木孝雄)

 ボクシングの世界戦4試合が20日、国内2会場で行われ、東京・有明コロシアムでは世界ボクシング協会(WBA)ミドル級王座決定戦で、ロンドン五輪金メダリストの村田諒太(帝拳)が同級1位のアッサン・エンダム(フランス)に1-2の判定で敗れ、王座獲得はならなかった。

 世界ボクシング評議会(WBC)フライ級1位の比嘉大吾(白井・具志堅スポーツ)は、体重超過で王座剥奪のフアン・エルナンデス(メキシコ)に6回2分58秒TKO勝ち。WBCライトフライ級タイトルマッチは、同級4位の拳四朗(BMB)が、王者のガニガン・ロペス(メキシコ)に2-0の判定で勝った。

 名古屋市の武田テバオーシャンアリーナでは、世界ボクシング機構(WBO)ライトフライ級王者の田中恒成(畑中)が、同級1位のアンヘル・アコスタ(プエルトリコ)を3-0の判定で退け、初防衛を果たした。

このニュースの写真

  • 4世界戦、比嘉・拳四朗・田中は勝利
  • 4世界戦、比嘉・拳四朗・田中は勝利
  • 4世界戦、比嘉・拳四朗・田中は勝利
  • 4世界戦、比嘉・拳四朗・田中は勝利
  • 4世界戦、比嘉・拳四朗・田中は勝利
  • 4世界戦、比嘉・拳四朗・田中は勝利
  • 4世界戦、比嘉・拳四朗・田中は勝利
  • 4世界戦、比嘉・拳四朗・田中は勝利
  • 4世界戦、比嘉・拳四朗・田中は勝利

「スポーツ」のランキング