産経ニュース

【ドーピング問題】ロシアの資格回復早くて11月 WADA理事会で委員長が見通し

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【ドーピング問題】
ロシアの資格回復早くて11月 WADA理事会で委員長が見通し

18日、モントリオールで開かれた世界反ドーピング機関(WADA)の理事会で発言するリーディー委員長(AP) 18日、モントリオールで開かれた世界反ドーピング機関(WADA)の理事会で発言するリーディー委員長(AP)

 世界反ドーピング機関(WADA)は18日、モントリオールで理事会を開き、リーディー委員長はロシアの反ドーピング機関(RUSADA)の資格回復について「再建へ取り組むべきことはまだある。(次の理事会で)回復されることを望む」と話し、早くても11月になる見通しを明かした。

 RUSADAが5月中に新会長を選任するなど一定の条件を満たせば、現在は英国の機関が代行している検査業務を、監督を受けながら6月に再開できる見通しが報告された。

 国際オリンピック委員会(IOC)から要望を受けていた独立検査機関(ITA)をスイスに設立することが承認された。ITAが現行の検査主体の競技団体に代わることで、不正をなくすことが目的。また、WADAが3月から運用を始めたウェブや専用アプリを通じたドーピング違反などの内部通報システムの利用が約60件あったことも報告された。(共同)

「スポーツ」のランキング