産経ニュース

【2018平昌五輪】開催地でタクシー不足、宿泊代は5~8倍に高騰 難問は依然として山積み

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【2018平昌五輪】
開催地でタクシー不足、宿泊代は5~8倍に高騰 難問は依然として山積み

平昌五輪の開催地、江陵では重要な移動手段であるタクシーの不足が指摘されている(AP) 平昌五輪の開催地、江陵では重要な移動手段であるタクシーの不足が指摘されている(AP)

 ところが、朝鮮日報など韓国メディアによると、この鉄道事業では入札に参加した現代建設など4社の大手建設会社による談合が発覚し、韓国の公正取引委員会は4月20日、是正命令と計701億ウォンの課徴金を科した。国政介入事件で罷免された朴槿恵大統領の友人、崔順実被告一族による平昌五輪の利権疑惑が取り沙汰されたばかりだが、韓国ネットユーザーの反応の中には「韓国では不正を働かない人がバカを見る」と書き込みもあるほどだ。

 高速鉄道によってアクセス面は改善する見込みだが、中央日報は開催地の江陵などで外国人観光客の交通手段の深刻な不足が懸念されており、新たな問題が浮上と指摘している。地元自治体・江原道では平昌五輪期間中に1日最大10万人の来場者が予想されるが、同紙は組織委のデータとして法人・個人を合わせたタクシーの台数は今のところ最大134台という。実際に、テスト大会期間中も携帯電話を利用してタクシーをつかまえようとしても至難の業といえる状況だったという。

続きを読む

このニュースの写真

  • 開催地でタクシー不足、宿泊代は5~8倍に高騰 難問は依然として山積み
  • 開催地でタクシー不足、宿泊代は5~8倍に高騰 難問は依然として山積み

「スポーツ」のランキング