産経ニュース

【競泳】萩野公介が「世界選手権につながる泳ぎを」と意気込み 19日からジャパン・オープン

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【競泳】
萩野公介が「世界選手権につながる泳ぎを」と意気込み 19日からジャパン・オープン

 競泳世界選手権(7月、ブダペスト)の日本代表選手らが出場するジャパン・オープンが19日から3日間、東京辰巳国際水泳場で行われる。18日は会場で公式練習が行われ、リオデジャネイロ五輪の男子400メートル個人メドレーを制した萩野公介(ブリヂストン)らが意気込みを語った。

 現状を確認するレースでもあり、萩野は「世界選手権につながる泳ぎをしたい」、4月の日本選手権で女子初の5冠に輝いた池江璃花子(ルネサンス亀戸)は「1種目でもいいから(日本記録の)自己ベストを出したい」と誓った。

 男子平泳ぎ50メートルと100メートルの世界記録保持者、アダム・ピーティ(英国)も参戦。同200メートルの世界記録を持つ渡辺一平(早大)は「隣で泳げたら参考になる」と胸を躍らせていた。

「スポーツ」のランキング