産経ニュース

パラスポーツ応援プロジェクト「PARA☆DO!」港区・東京都と初タッグ

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新


パラスポーツ応援プロジェクト「PARA☆DO!」港区・東京都と初タッグ

パラアスリート夫妻(高田千明・裕士選手)の家族写真 パラアスリート夫妻(高田千明・裕士選手)の家族写真

 フジテレビが展開するパラスポーツ応援プロジェクト「PARA☆DO!」で、港区・東京都と初タッグを組む新たな地域密着イベント「みんなで応援しよう! 港区のパラアスリート 港区×TEAM BEYOND×フジテレビpresentsPARA☆DO! TALK×LIVE」が開催されることが11日、分かった。

 24日午後3時30分から港区スポーツセンター サブアリーナ(港区芝浦)で開かれるイベントで、2020年東京パラリンピックにおいてトライアスロンの会場を抱える港区在住の“ご当地”パラアスリート夫妻、高田千明選手(リオパラリンピック陸上日本代表・女子視覚障がい走り幅跳び/100メートル日本記録保持者)と高田裕士選手(聴覚障がい者のオリンピック・デフリンピック陸上日本代表内定/男子400メートルハードル日本記録保持者)をゲストに迎えトークショーを行う。

 裕士選手は「東京五輪・パラリンピックは選手だけのものではなく観客、ボランティア、監督やコーチなどスタッフとして関わっていくことが可能です。今回のイベントを通じて関わり方を考えるきっかけになればと思います。また、IOCが名称使用を承認する4大会(五輪、パラリンピック、デフリンピック、スペシャルオリンピックス)のなかでデフリンピックの知名度は非常に低く3%程度。知名度も上がっていくことを願っています」、千明選手は「港区に引っ越してから10年近くになります。練習であちこちに出かける私にとっては利便性の高い土地柄が気に入っています。東京の目標は金メダル。私の“地元”港区から応援をいただきつつ頑張ります」とそれぞれコメントを寄せた。

 そのほか、イベントでは来場者に走り方のコツを伝授するワンポイントランニング講座も実施する。MCを務めるのは、国際オリンピック委員会(IOC)マーケティング委員で、ソウル五輪シンクロナイズドスイミング銅メダリストの田中ウルヴェ京。

 また、同局で放送中の番組「PARA☆DO!」でテーマソングを歌う公式アーティスト、清貴がライブを開催し、港区を活動拠点として世界で活躍する芝浦エンジェルスがチアリーディングも披露する。(産経デジタル)

「スポーツ」のランキング