産経ニュース

【怪物・清宮幸太郎のセンバツ】明徳義塾戦は4打数1安打1四球 早実は5-4で延長の激戦制す

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【怪物・清宮幸太郎のセンバツ】
明徳義塾戦は4打数1安打1四球 早実は5-4で延長の激戦制す

6回、捕邪飛にたおれた早稲田実(東京)・清宮幸太郎=24日、甲子園(岩川晋也撮影) 6回、捕邪飛にたおれた早稲田実(東京)・清宮幸太郎=24日、甲子園(岩川晋也撮影)

 選抜高校野球大会5日目が24日、兵庫県の甲子園球場で行われ、第2試合で早実(東京)と明徳義塾(高知)が対戦した。早実の怪物スラッガー・清宮幸太郎は4打数1安打1四球だった。早実は5-4で延長10回の激戦を制した。

 0-0で迎えた一回の第1打席は、1死一塁で明徳義塾の左腕・北本から強烈な打球の中前打を放ち好機を広げた。

 1-3とリードされて迎えた三回の第2打席は、1死走者なしで北本に中飛に打ち取られる。フェンス手前まで届く滞空時間の長い大飛球にスタンドがどよめいた。

 第3打席は1-3とリードされて迎えた六回。1死走者なしで北本に捕邪飛に打ち取られた。

 2-3と1点差に詰め寄って迎えた八回の第4打席は、先頭打者で北本に左飛に打ち取られた。

 3-4となって迎えた九回の第5打席目は、2死一、二塁の絶好機で登場。球場が異様なムードに包まれる中、北本から四球を選んだ。

 怪物・清宮らしい打棒は見られなかったが、2回戦の東海大福岡(福岡)戦に期待したい。

このニュースの写真

  • 明徳義塾戦は4打数1安打1四球 早実は5-4で延長の激戦制す
  • 明徳義塾戦は4打数1安打1四球 早実は5-4で延長の激戦制す
  • 明徳義塾戦は4打数1安打1四球 早実は5-4で延長の激戦制す
  • 明徳義塾戦は4打数1安打1四球 早実は5-4で延長の激戦制す
  • 明徳義塾戦は4打数1安打1四球 早実は5-4で延長の激戦制す
  • 明徳義塾戦は4打数1安打1四球 早実は5-4で延長の激戦制す

「スポーツ」のランキング