産経ニュース

【侍ジャパン】2大会ぶり優勝ならず WBC準決勝で米国に1-2で惜敗

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【侍ジャパン】
2大会ぶり優勝ならず WBC準決勝で米国に1-2で惜敗

 【ロサンゼルス=中村将】野球の国・地域別対抗戦、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は21日(日本時間22日)、米カリフォルニア州ロサンゼルスのドジャースタジアムで準決勝の1試合が行われ、日本(2次リーグE組1位)は初優勝を目指す米国(F組2位)に1-2で敗れ、2大会ぶりの3度目の頂点はならなかった。日本は今大会初黒星。米国は初の決勝進出。3位決定戦は行わない。

 日本は1点を追う六回に菊池(広島)が右越え本塁打して追い付いたが、八回に2番手の千賀(ソフトバンク)が内野ゴロの間に1点を失った。先発した菅野(巨人)は6回81球、3安打1失点だった。

 決勝は22日午後6時(日本時間23日午前10時)から、前回準優勝のプエルトリコ(F組1位)と米国が初優勝を懸けて対戦する。

 ■日本代表・小久保監督の話「ホームが遠かった。(バットの)芯でとらえることができなかった。守備のミスが出たが(選手は)責められない。リスクを負いながらユニホームに袖を通してくれた選手に感謝したい。悔しい負けだが、選手たちはよくやったと思う」

「スポーツ」のランキング