産経ニュース

【大相撲春場所】高安、初の10連勝 稀勢と並走、増す勢い 

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【大相撲春場所】
高安、初の10連勝 稀勢と並走、増す勢い 

【大相撲春場所】十日目 横綱土俵入りの高安(左)と稀勢の里(右)=エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館)(撮影・高井良治) 【大相撲春場所】十日目 横綱土俵入りの高安(左)と稀勢の里(右)=エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館)(撮影・高井良治)

 これが勢いに乗る者の強さか。高安は相手の立ち合い変化にもまったく動じない。「あれも相撲だから。すぐ対応できた」。何事もなかったかのように平然と振り返った。

 貴ノ岩は当たると見せかけて、左に大きく動いてきたが「頭に入っていた」と高安。「動くならそっちの方だから」と慌てることはなかった。突っ込んだが、すぐに向き直り、出てきた相手をはたき込んで決着。攻めても受けても崩れずに自身初の10連勝を果たした。

 兄弟子の稀勢の里と並走する賜杯争いとは別の意味を持つ2桁勝利。大関昇進の目安は「三役で3場所計33勝」。先場所は小結で11勝を挙げており、来場所は大関取りとなる。

 さらに、昇進問題を預かる二所ノ関審判部長(元大関若嶋津)は高安が初優勝した場合の今場所後の昇進について「それは考えているところ」と含みを持たせた。

 昨年の九州場所は関脇で7勝8敗。昭和50年初場所後の魁傑ら、過去には2場所前に負け越して大関昇進を決めた例もある。関係者によると、審判部内では意見が分かれているという。

 どちらにせよ、高安にとっては一つ一つの白星の重みが増してくる。「またとりあえず明日」と本人の心に乱れはない。鶴竜に挑戦する22日の横綱戦だけを見据えた。(藤原翔)

「スポーツ」のランキング