産経ニュース

【東京五輪】霞ヶ関CC、女性正会員OK 東京五輪ゴルフ会場問題解決

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【東京五輪】
霞ヶ関CC、女性正会員OK 東京五輪ゴルフ会場問題解決

女性正会員を容認することを決めた霞ヶ関CC=埼玉県川越市(本社チャーターヘリから) 女性正会員を容認することを決めた霞ヶ関CC=埼玉県川越市(本社チャーターヘリから)

 今月25日には、昨年9月に改修工事が終了した五輪仕様のコースが関係者向けに正式披露される予定で、木村理事長は「東京五輪の成功に、皆で協力すべきとき」と話した。今後は東京大会後の「レガシー(遺産)」としての観点からも対応を協議していくという。

 霞ヶ関CCは約1800人の会員のうち、正会員が約1250人。平日と土曜日にプレーができる「週日会員」「家族会員」約550人のうち、女性会員は200人以上。2012年末までにIOCなどから五輪会場としての条件を満たしているとして、正式承認されていた。

時代の流れ

 世界的な名門クラブは“男性限定”のルールを次々と変えてきた。プライベートクラブだが公共性の高いビッグイベントの開催地として資質を問われ、変化を迫られた。

 流れをつくったのは2012年のオーガスタ・ナショナルGC。マスターズ・トーナメントの舞台として著名な米ジョージア州のコースは、会員資格として約80年続いた「男性限定」の伝統を放棄した。これが「ゴルフの聖地」と呼ばれる英国のセントアンドルーズを拠点とするロイヤル・アンド・エンシェント・クラブなど、全英オープン選手権を開催する複数のコースにも波及した。

「スポーツ」のランキング